プロフィール

1958年  福島県伊達市に生まれる。

1977年  福島県立福島西女子高等学校 商業科卒業 

1982年  結婚 同時に仙台に移り住む 

1992年  セラピーを受け始める 

2006年  精神分析家になるための養成講座受講開始 

2010年  養成講座修了 

2011年   「a」精神科学研究所 精神分析家として活動開始

 

 

 

 

戦争体験者の両親と姉と祖父母のいる環境で、日本の高度経済成長時代を裕福な生活にあこがれながら育ち、

いつも人の陰にいるような目立たない存在で、自主的に自分から何かをするような事はなく、居心地の悪さを感じながら過ごしていました。

私がセラピーのようなものがあるという事を知ったのは、中学生の頃でただ漠然といつか大人になったら、私もセラピーを受けたい!とだけ思いながら、当然のように高校に進学し、資格を取り、就職し、当たり前のように結婚をし、

33歳の時に、精神分析家と出会い、飛びつくようにセラピーを始めました。

セラピーを受ける事で、人に合わせる事や人目ばかりを気にしていた自分が、人とは違ってもいいという事や過去の事ばかりにこだわり止まっていた時間が、気づくと目標に向かって動き出していました。

対話によって過去を清算し、時間の流れを未来に向けてくれたのです。

 

48歳で精神分析家になるために勉強を始め、

52歳で精神分析家の養成講座を修了。

心の発達と無意識の関係を学び、自分の事なのに自分の事をまったく知らずにいたことに愕然としました。

誰もが、満点の養育環境を得る事は出来ないし、ましてやもう大人になってしまっているこの自分は、どうしたらいいのだろう?と考えた時に、応えてくれたのがラカン理論でした。私たち人間は、全ての事を記憶出来ないのと同じように、間違った記憶のまま生きて、不安だったり、怒りたい記憶を反復しながら生きています。その記憶を知り、自分が望む方向に書き換えていくのがラカン理論です。

東日本大震災の後、絆・安心・安全・共に・前へという言葉があふれました。そして復興・再構築という言葉も掲げられました。まさに、心を再構築し続けていく方法をラカンは教えてくれています。何度でも、立ち上がり、歩いていく人生を共に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 始めに | コメントする

名称変更のお知らせ

 「a」精神科学研究所改め

 やすらぎ.labと名称を変更させていただきます。

 今の私達は、なんでもそろっている環境で生活をし、

 必要であれば、いつでも世界中と情報を共有出来て、

 地球上の殆どに出ていく事は可能です。

 外部から入ってくる情報には、事欠きませんし、

 情報は溢れています。

 自由で何でもありのような日常の中で、

 どれだけの人が自分本来の生き方をしているのでしょうか?

 幼いころから社会生活を強いられ、

 甘える事も出来ず、

 合わせる事を求められ、

 「自分」というものを感じられず、

 見失い、透明人間のように生きている人達がいます。

 弱い子供達や心優しい人達は、

 グチや八つ当たりのはけ口になる事も珍しくありません。

 グチはウィルスのように伝染し、心にストレスを作ります。

 様々なストレスは心を歪ませ、

 疲れへと進行させてしまいます。

  だから、その進行をくい止める必要があります。

 それが身体症状や行動となって表現される前に。

 語る事によって、心は浄化できます。

 外部からの情報も大事ですが心の声も聴いてあげましょう。

  是非、お出かけください。

 お待ちしております。

                                      精神分析家   進道 歩実

カテゴリー: 始めに | コメントする